fds



塚本浩哉     ギタリスト/コンポーザー/シンガーソングライター
 京都府生まれ。中学時代にバンジョーを手にし、その翌年ギターを始める。高校時代から作曲を開始。大阪
外国語大学では、南米のフォルクローレ(伝統音楽や民謡)について研究し、千葉泉氏のVoces del Surに参加。
同時期よりジャズにも傾倒し、ギタリスト土野裕司氏に師事。
 2000年バークリー音楽大学より奨学金を得て渡米。ボストンで自己のバンド、INTEROCEANICO(インテル
オセアニコ)を結成し、ニューイングランド地方を中心に演奏活動を行う。2003年、プロフェッショナル
アチーブメント・アワードを受賞。Wayne Krantz, Adam Rogers, Mick GoodrickやHal Crookに師事。
 2004年デビューアルバム"The Other Side of the World"をリリース。NHK-FMにてアルバムがピーター・
バラカン氏によって紹介された。2004年度のUSAソングライティング・コンペティションにおいてオリ
ジナル曲 "El Otro Lado del Mundo"がファイナリストに選出され、翌年度同コンペティションにおいて
"Samba de Siempreが選出された。2005年ニューカレドニア航空の放送にてオリジナル曲の音楽が使われる
他、オーストラリア、スペイン、アルゼンチン、コロンビアなどのメディアで取り上げられた。
 2005年ピアニストVian(Sony BNG)のデビューアルバム"Twenty+"にギタリスト、コープロデューサーと
して参加。又その翌年のCDリリース韓国ツアーに参加。2006年よりコロンビア出身のシンガーMarta 
Gomez(ビルボード最優秀ラテンアルバム・ノミネート)のプロジェクトにギタリスト、アレンジャーとして参
加。2007年2作目"Confluencia"をリリース。アルバムに収められた"Seventh Night"が2006年度のイン
ターナショナル・アコースティック・ミュージック・アワードにおいてファイナリストに選出された。
2008年グループの3作目"Where the River Shines"をリリース。ブルーノート(ニューヨーク)にてCD
リリースライブを行った。現在、ニューヨーク拠点に活動を行っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEAR:

Guitars: Hongoh Guitars Nylon & Steel String guitars, Ibanez AM-200, Fender Telecaster, Sadowsky Strat Amps: Orange tiny terror, JBL EON-G2 Powered Speaker, Polytone Mega-Brute

Hiroya plays Hongoh Guitars

e

 

 

m